草津温泉マニアック by さとし
草津温泉ファンのさとしが、草津温泉に関するちょっとマニアックな情報を書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
草津温泉の湯は無色透明か白色か?
白骨温泉の入浴剤問題で使われたのが草津温泉ハップだったので、草津温泉の湯は白いというイメージを持った人も多かったのではないでしょうか?
しかし、実際の草津温泉の湯の色は大半が無色透明ですね。(白旗源泉など一部のお湯は白濁していますが。)

白骨温泉の事件のように、世の中では温泉は白色の方が良い温泉だというイメージがあるようですが、今回は必ずしもそうではないというお話。

それはどうしてかというと、温泉の湯の色は時間と共に変化するからです。
例えば、大滝乃湯の合わせ湯に行くと源泉がどんどん注がれている熱い湯は無色透明ですが、源泉の入りが少ない一番ぬるい湯は白濁しています。
白旗の湯でも、源泉の注がれている量が多い熱い湯の方が白濁が少なく、普通の湯の方が白濁しています。
これは、温泉の湯が源泉から注がれるときは無色透明だが、浴槽に注がれてから時間が経つと白濁してくるからです。

実際、温泉に浴槽が2個あるところで片方が白濁していて、もう片方が無色透明だった場合、地元の人は無色の方に好んで入るのをよく目にします。
無色の方が、
 ・お湯が新鮮
 ・最近掃除して湯を入れ替えている
かららしいです。(白くなる前の方がお湯に溶けている成分も多いですし。)

ということで、必ずしも白色の方が良い温泉ということではなく、温泉通の人は却って無色透明の方を好んだりするというお話でした。

ついでに、たまに大滝乃湯がとっても白濁する話についても書いておきましょう。
大滝乃湯の源泉は煮川源泉で、お湯の色は普段は無色透明ですね。
しかし、たまに万座温泉よりももっと白濁しているときがあります。
これはなぜかというと、温泉を送るパイプを掃除したときに白濁するそうです。(温泉のパイプの内側についた湯の花が掃除で大量に出てくるのですね。)
以前、煮川源泉のところで紐を源泉のパイプから引っ張り出しているのを見かけたことがあるのですが、多分あれがパイプ掃除だったのでしょう。
パイプ掃除の日程がどこかに載っていないかインターネットで調べてみたのですがちょっと見つかりませんでした。(どなたかご存知でしたら教えてください。)

それでは。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。