草津温泉マニアック by さとし
草津温泉ファンのさとしが、草津温泉に関するちょっとマニアックな情報を書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西の河原露天風呂の源泉は?
草津で露天風呂というと真っ先に思い浮かぶのは、西の河原露天風呂ですね。
プールのように広い(500平方メートル)露天風呂で紅葉や新緑を眺めながら温泉につかるのは最高に気持ちいいです。
西の河原露天風呂:http://www.kusatsu.ne.jp/otaki/roten/

西の河原露天風呂は西の河原公園の奥にあり、行く途中の道の両側にあちこちで温泉が湧き出しているのを見ることができます。

ここでちょっとだけマニアックなお話を。
西の河原公園に温泉がたくさん湧いているので、西の河原露天風呂のお湯は西の河原源泉のものだと思ってしまう人も多くいるようです。
でも実は、西の河原露天風呂のお湯は西の河原源泉ではないのですよね。
どこの源泉のものかというと、万代鉱源泉なのです。(源泉の詳しい話はそのうち書きたいと思います。)

それでは、どうしても西の河原源泉のお風呂に入りたいという人はどうすればよいでしょうか?
(西の河原公園の中に湧いている温泉溜まりは入浴禁止です。

答えは、共同浴場 凪の湯に行くと入れます。
凪の湯は、よく温泉饅頭を配っている饅頭屋の横の道を入って、地下に降りたところにある共同浴場で、西の河原源泉を引いています。
ただし、とても浴槽が小さい(同時に3人位しか入れない)ので、グループの方はバラバラに行ったほうがよいでしょう。

今回はこんなところで。(次回は共同浴場の話でも書こうかな?)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。